FC2ブログ

宗村蔵人 ただのブログ 『いまが幸せ』

演劇、外為投資、徒然なる想い。宗村蔵人のいったりきたりを綴っています。すべての幸せは今ここに -冬の夜空に誓ったものを手にします
TOPスポンサー広告 ≫ その後と年末。TOP指 圧挫傷(麻痺 痺れ) ≫ その後と年末。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

その後と年末。

12/28(土)怪我から1ヶ月と4日。
担当医が手の専門の先生に変更になりました。そして新たな処方。リリカカプセル75mg、ノイロトロピン錠4単位、メチコバール錠500μg。

先生に「リリカは、傾眠や意識消失、水分貯蓄による浮腫みや体重増加、複視などの強めの副作用が出ることがあるので、注意をしてください」と言われる。念の為自分でもリサーチをしたところ、嘔吐や下痢、瞼の異常な腫れ、まっすぐに歩くことが出来ない、急な体重増加(一気に15キロ超など・・・)など、確かに多種多様な副作用について確認。う~む。普通にこわいでしょう。しかも徐々に量も増加と言われているし。

それと、今日の先生になって言われたこと。
「湿布(ロキソニンテープ)はダメですよ」

え・・・。いや、だって、前の先生に処方をされていたのですが・・・。もう一ヶ月ほどしているのですが。
「今みたいに癒着しちゃうからダメなんです。指固まっちゃうでしょ」
とな。おいおい・・・。

それと、先生から「指はね、スパッと切れちゃったりする分には、単純にきれいに繋げれば良いのだけれど、今回みたいに外からの圧力で神経の外枠ごと潰れていたりすると、中身が回復してくるのを希望を持って待たないといけないから、だいぶ時間がかかるんですよ。予後が悪い。回復が見込めないときは、その時点であらためて手術も検討ですね」となんだか植物の茎を切った断面図のような絵を描かれて説明されましたが、要は圧挫による怪我の治りはだいぶ悪いということらしいです。特に人差し指の親指側の感覚が戻らないのが一番ダメだそう。

来週土曜日からリハビリ開始です。

今は人差し指も中指も、第二関節が若干曲がる程度。傷跡はしこりのようになっています。そして、人差し指の腫れがまだ酷いので、どうなることやらですが、とにかく頑張ります。握る方向に頑張ると、今度は反る方向に戻らなくなる、握る方向で指が固まってしまうので、なかなか難しいです。

-----------------------------------

さて、何はともあれ、今日で2013年も終わります。
今年は、あまり個人としての動きはありませんでした。
耐える年だったと言えると思います。
来年は事業を含め、一気に加速させるつもりです。

些細なことにも幸せを感じられるよう
また、まずは近くの人から幸せにしていけるよう
惜しむことなく力を出していきたいと思います。

陰ながら見守ってくださっている方、
応援してくださっている方、
本当に有難うございます。

来年も変わらずにどうぞ宜しくお願い申し上げます。



宗村蔵人







関連記事
スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。