宗村蔵人 ただのブログ 『いまが幸せ』

演劇、外為投資、徒然なる想い。宗村蔵人のいったりきたりを綴っています。すべての幸せは今ここに -冬の夜空に誓ったものを手にします
TOP ≫ CATEGORY ≫ 芝居
CATEGORY ≫ 芝居
       次ページ ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

八月の雹

2014.8.31 Sunday

猛暑日がようやく過ぎ去り、最近の朝晩はすこし肌寒いくらいですね。
連続35度オーバーの日々はさすがに厳しいので、個人的には少々ほっとしているのですが、夏が終わっていくのはやはり寂しく感じます。

早朝に落ちていく蝉たちの姿が ひどく切なく、悲しい。


さて、昨日は以前「沈まない夕陽」で共演した、ドン北村こと樋田洋平さんが出演している舞台「八月の雹」(作・演出 中津留 章仁)を観に、新宿タイニイアリスに行ってきました。

約2時間50分の芝居、ソワレ。
(懐かしい長さですね・・・(笑))

中津留さん作品の、衝撃性、メッセージ性はもちろんのこと
役者さん達のエネルギーがものすごかったです。
ストーリーにのせてただ叫ぶ、ただ嗚咽する、ではない、現実以上の現実がありました。

非常にリアルな予知夢を見せられているような気分にも・・・
(身のまわりのこともあるし、今後の生活をすこし組み直そう。でもきっとこれも避けられない運命なのだろうな)
歪んだ世界のど真ん中を、自分勝手な信念をもって、突き抜けて生きていこう。


今回出演していた役者さん、皆さんとても素敵でした。
個人としては、葉月役の中村美貴さん、棚橋役のゆかわたかしさんの芝居に、自分に足りない要素を多く見たので、あらためて研究させていただきたいと思いました。
次の機会を楽しみにしたいと思います。

14094868170.png

終演後の樋さん。
越智さん(役)のあのまっすぐで不器用な気持ち、痛いほど伝わりました^^。
とても素敵でしたよ!

貴重な一日をありがとうございました。

宗村蔵人







スポンサーサイト

進戯団夢命クラシックス#14 オトギ狂詩曲(ラプソディー)

行ってきました。

(大沼)亮吉の舞台。



観る前は、おとぎ話って・・・

と僅かながら思っていた

部分がありましたが



結果

心にずしんと響きました。

おとぎの世界にしっかりと引き込まれます。



キャストも個性に富んでいて

最後まで新鮮な気持ちで

観ることが出来ました。


楽しかったです!




内容には殆ど触れていませんが

ちょっとした個人的な

感想をとととーっと

下に述べたいと思います。

(これから観劇の方は念の為見ないほうが良いかもしれません)




個人的に、勝手に

好きなのは

芳一(仲村水希さん)、

動きも声もカッコイイです。


終演後にたまたますれ違ったので

素直にかっこよかったです!

と伝えました^^;



酒呑童子(主宰 伊藤マサミさん)、

言葉が発せられるまで

普通に女性だと思っていました・・・

所作がとても滑らかで綺麗。

隙のない演技、勉強になります。

どこかでご一緒できたら素敵だなぁと

勝手に思います。



雪女(舞原鈴さん)、

キャラと声のギャップが

素敵です。



赤鬼(片桐俊次さん)、

とても自然で味のある芝居

観ていて引き込まれます。



鶴(鳥羽まなみさん)、美しいです。

そこからくるあの動き、これもまたギャップ?

瞬間的ムードメーカーと思いました。



浦島(岩切チャボさん)、

人間らしくゆとりのある自然体な芝居

そのうえ

要所要所でズキュンと刺さる言葉の数々。

ぼくにとっての今回の主人公。


とても励みになりました。

心より感謝です。



青鬼(鵜飼主水さん)、

アクション豪快で

観ていて気持ち良いです。

スタイルいいですね^^。



瓜子(かおりかりんさん)、

震えるほどに心伝わる芝居

ありがとうございました。

やっぱり心ですね。



太郎(主演 川隅美慎さん)、

繊細な演技、豊かな表情

一部 あらけん(荒木健太朗)を彷彿させる

仕草。

じっと見入ってしまいました。

トークショーでのユーモアある姿も

素敵です^^。



そして亮吉。

これは皆さん、ご自身で確認してください^^。

良い意味で亮吉でした(爆)。

(ぜひ観てください)

殺陣も気合が入っています。


大沼亮吉



↓ 最後にひとことだけ

↓今回の台詞が入っていますので

↓ご注意を!!↓











てめえの物語には誇りを持て


たとえそれがどんな物語であってもだ



by 浦島





ありがとうございました!













主演 大沼亮吉

こんにちは。


ということで

永遠のリーダー

大沼亮吉(劇団スタジオライフ) 主演の舞台

『OTOGI狂詩曲』(進戯団夢命クラシックス)
(池袋シアターグリーンBIGTREE THEATER)
2013年6月5日(水)~9日(日)
HP:http://shingidan.web.fc2.com/newpage6.html

に伺おうと思っています。


素敵な平日昼割もあるので

もちろんそれで(笑)。


やはり彼が頑張っていてこその

ジュニア7!(私は元ですが・・・)


魂は共にある!

つもりです。


久々の暑苦しい?

演技を

楽しみにしています。


と思って

全く真逆の

キャラクターなど


とても

新鮮で

嬉しいなぁと。


ご存知の方も

そうでない方も


是非池袋まで☆




愛しき彼らと・・・

こんばんは。

無事観ることが出来ました。

萩尾望都さん原作の
『11人いる!』
19日(土)ソワレ

まずは誘ってくれた亮吉
ありがとう。

(切っ掛けを作ってくださった
Mさん、ありがとうございます)

20130120012603784.jpg

初めて当日券に並びましたが
意外と緊張するものですね。

でも
並んだおかげで石飛さんにも
会えました^^。

最後列で観ていて
最後に音響の竹下さんとも
お話出来ました。

それから
河内さんから
若さの秘訣も
こっそり?
聞くことが出来たし

船戸さんや藤原さんとも
少しお話が出来ました。

そして
なんといっても
同期の皆が
素敵な演技を
見せてくれたことが

やはり何よりも
嬉しかったです。

行って良かった。
とても懐かしい空気で
空間で

お客様も
変わらずに
温かで

僕はもう
あの場所には
いないのだけれど

そこに触れると
やっぱりなんだか
嬉しくて

うん
幸せな時間でした。





写真です。


002_20130120010838.jpg

(りょうきち & あらけん と)

001_20130120010834.jpg

<紀伊国屋ホール劇場内>


003_20130120010840.jpg

(まつしん & せきど と)

004_20130120010843.jpg

あれ? まつしん
なんか白いのが
写ってる・・・

サ~

<ロビー>


吉田プロデューサーは
忙しそうで

パシャのチャンスは
ありませんでした(涙)。

みんな
また会おう!


宗村蔵人
2013年1月19日(土)

マクベス vs 近松門左衛門

こんにちは、宗村です。

えー、本日は、芝居を2つ観劇してまいりました。

1つ目。

『マクベス』@両国・シアターXカイ
繋がり:青山治さん(スタジオライフの先輩)
滝沢亮太くん(劇団漂流船の芝居で共演)
庄田侑右さん(井田國彦事務所)

上記繋がりから、これは観に行きたいと思い
行って参りました。

諸先輩方の演技、たいへん勉強になりました。
シェイクスピア劇なので台詞まわしが大変なのは
当然のことなのですが、その中でいかに効果的に
魅せることが出来るか。日々勉強です。

青山さんのシェイクスピア、いいです。
カチッとした芝居がやっぱりはまるんだなあと
思いました。しかもマクダフだし^^。
(ご本人の本日の感想としては、力が入り過ぎた
だそうです・・・^^;)

個人的にはNYで観たシリアスな芝居の中に垣間見える
コミカルな青山さんの演技も好きです。

マクベス夫人役の大竹一重さん
大好きです。
余裕感漂う(少なくともそう見せています)演技で
観ているほうは完全に安心してシェイクスピアの
世界に入り込めるし、役への入りこみ、集中力も
全てが勉強になり、
マクベス夫人としての欲、女性としての色気
こんなにも美しくなれるのか、輝けるのか
強くなれるのかとため息が出ました。
あの強さが良いほうに動くのであれば
あんな奥様が欲しいかも?

あとは、個人的には、バンクォー役の鷲見亮さん
存在感あふれる演技で魅力を感じました。

マクベス役の庄田さんは、
主役ですから、もうその務めを果たしているだけで
凄いことだと思います。
プラス、あのイケメンですから、
自分が女性でなかったことを喜んでいます。
女性だったら、芝居を観るどころではないのかなぁと・・・(微笑)。

本当にいろいろと刺激を受けました。
ありがとうございました。

青山治、滝沢亮太    
 

ザ・シェイクスピアの世界!



と、すいません。
一瞬忘れそうに。

2つ目の芝居。

『近松門左衛門 一つ思いの恋』@Dフォースアトリエ、蔵前
繋がり:笹本れいか梶原拓也(共に劇団漂流船メンバー)
金児百合佳さん(漂流船舞台出演)

浄瑠璃、近松門左衛門の世界、
あまり今まで触れることが無かったので
新鮮でした。

この芝居では、小西家役の菅野園子さん
存在感、引っ張り力が凄かったです。
どーんとこい。これです。
最後の挨拶でも涙させられました。

022 (2) 

お三方で、うっし!

ありがとうございました。


久しぶりの一日二芝居でしたが
たまには良いものですね。
しかも完全にかたや洋!
片や和!みたいな(笑)。


またいろいろとお誘いくださいませ^^。
楽しみにしております。


宗村蔵人


宗村蔵人 

寂しいやつ。


ね。

















上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。