宗村蔵人 ただのブログ 『いまが幸せ』

演劇、外為投資、徒然なる想い。宗村蔵人のいったりきたりを綴っています。すべての幸せは今ここに -冬の夜空に誓ったものを手にします
TOP ≫ CATEGORY ≫ 商品・お店
CATEGORY ≫ 商品・お店
       次ページ ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

アイスワインとうなぎパイ



今日は上野ですしざんまい

やっぱりI so love お寿司です。


sushi.jpg


そしてちょうど今日いただいたアイスワイン

とても人気があり、

かつ多くの方にとって

お求め安いお値段で出ておりますので

こちらでご紹介させて頂きます。

今度はお値段的にもあなたのご期待を裏切らないと思いますよ

※実は以前、ペトリュス(当時約50万円)を紹介したら
「買えるわけないだろう!」とお叱りを受けました・・・。



僕が飲んだ感想としては、甘口派な方には、お薦めの絶品です

辛口派な方には、ダメかもしれません。

完全なるデザートワインです。

もちろんそれがこの商品なので仕方ないのですが・・・。


僕はどちらも好きなので、とても美味しく頂きました。

まろやかです。

少なくともお値段以上の美味しさだと思います。

人間、やはり損はしたくないもの。


しかも調べてみたらなんと楽天ランキングで堂々と1位!


これはたまたまで奇遇なことですが

ランキングが低いよりは

もちろん自信を持ってお薦め出来ます。


⇒ ラインヘッセン・アイスワイン[2010]年・ジョセフ・ドラーテン社(天然甘口・アイスワイン)Rhe... 

 
ラインヘッセンアイスワイン2010


一応です。

「本当に飲んでるんですか?」

なんて質問が来ると大変なので^^;

写真撮っても下手ですし

後ろのパソコンが分かりやすいでしょう (笑)。

飲まれた方は

感想をお聞かせ頂けると

嬉しいです。


お好きなワイン、お薦めワインも

お待ちしております☆




あ、もう一個。

今宵のお供

003_20121114035940.jpg 

浜名湖名産・夜のお菓子

うなぎパイ

結構ガーリック(笑)。









スポンサーサイト

近江藤齋



東京初出店!



藤齋 宗村




『近 江 藤 齋』。




はて、どこかで馴染のある御名前だこと(微笑)。





最中を美味しく頂きました。









ちいちゃんのかげおくり



65回目の終戦記念日を8月15日に迎えて、書店には沢山の戦争に関する本が並んでいます。

その中で、目にとまった一冊の絵本がありました。少年の頃の古い記憶、思わず手に取りました。

「ちいちゃんのかげおくり」
(作:あまん きみこ / 絵: 上野 紀子)


短い絵本で結局最後まで読んでしまいましたが、途中からは涙が止まりませんでした。

出来れば過去に戻って彼女を、大切な家族を救ってあげたい・・・

----------------------------------
おはなし:

お父さんが出征する前の日のことです。先祖のお墓参りに行った帰り道、ちいちゃんのお父さんは家族に「かげおくり」の遊びを教えてくれました。影法師をじっと見つめて10数え、数え終えたらすぐ空を見上げると影がそっくり空に映って見えるというのです。ちいちゃんとお兄ちゃん、お母さん、お父さんは4人で「かげおくり」をしました。影法師は、まるで記念写真のように空に映りました。
---------------------
夏のはじめのある朝、小さな女の子のいのちが、空にきえました。--悲惨な戦争の中に幼い命をとじた女の子の姿を、静かに描く。(出版社の内容紹介)

----------------------------------

空襲、戦争孤児、今の日本、今も世界のどこかで起こっている戦争、忘れてはいけないこと、学ばなければいけないこと、伝えていかなければいけないこと。


守りたい家族がいるはず。

繰り返してはいけない。

戦争はいつでも僕らの心の中になる。
創り出すのも消し去るのも僕ら自身だ。

せっかく思い通りの未来に出来るんだ。
最高に平和で幸せな未来にしてやろう。

もちろん子供達もまきこんで^^。


大切な未来は、今のこの瞬間も
僕らの手、心によって作られている。


僕は今からもう少し遠くの過去まで
旅をしてきます。

『吉原手引草』 松井今朝子


この頃家に帰ってきてからなんとなくやっていること。

松井今朝子さんの『吉原手引草』(よしわらてびきぐさ)の音読。


yoshiwara.jpg


「嘘と真が渦巻く吉原で、全盛を誇る花魁葛城。栄華を極めた夜、葛城は忽然と姿を消した。一体、何が起こったのか?」(幻冬舎)




第137回直木賞受賞作品です。

失踪事件に興味を持った若い男、つまり読者がその立場になり、話は進んでいきます。

内儀や見世番、遣手や新造、番頭と、様々な人々から葛城のことを聞き出そうとしますが、なかなかもってすぐには・・・。


今宵も廓に足を運んでみたいと思います。



さて、今日の米ドル円は急落。
87.53円を付けています。

1月の87.10円が視野に入りましたね。
今日の取引中に87.50を下回ってくるかどうか・・・。

87.10手前までは、売りポジションを分割で決済しています。完全に下回ったら、ストップを付けてもう1段階売りのポジションを立てる予定。

それでは!










東野圭吾さん 『時生 トキオ』 ・・・

tokio.gif


ふと書店で手に取った東野圭吾さんの作品、『時生 トキオ』。序章を読んだだけで、僕の心はこの作品の世界に完全に引き込まれてしまいました。切な過ぎる始まり、そして最後・・・。リアルタイム事かのように感じられる儚い懐かしさ・・・。

今更ながらに彼の作品『白夜行』の舞台(2005年)に出演出来たことを幸せに思います。

また後ほど感想を載せられればと思っています。




あ、そういえば最近、家のすぐ傍に「KALDI COFFEE FARM」のお店が出来ました。

今日ふと手渡されたコーヒーがとても美味しかったです。実は今年の夏以降では初コーヒーかも・・・。

20091108231808.jpg



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。